--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明けましたが、緊急事態:ヤモリ編

2009年01月01日 18:56

明けました!!おめでとうございます★

みなさんいかがお過ごしでしょうか??みぃたちょは昼過ぎまで寝てました^^
初詣は3日に着物で行く予定です(*´д`;)

明日は着る練習しなくっちゃ~!!(゚∀゚ )


さて、体調の悪いニホンヤモリのずんださん。
急激に悪くなっているようです。

ずんだ0101

ほとんど動けないようで、1日中同じ所にいます。


背骨の変形や、下あごの変形も見られるようです。
完璧にクル病のような症状です。
ずんだ01012

餌にはカルシウムパウダーをまぶしていたし、
最近までは良く食べていたのにいきなりどうして…??

今まで、背骨やアゴの変形までクル病が進行したコはいませんでした。

産卵後のカルシウム不足でも
尻尾のカクカク以上の症状を見せたことはありません。


ずんだの場合、頬周りはふっくらしていて尻尾の変形はみられません。
今までのコたちとは症状の出方がどうも違うのです。

何が原因だったのか…


とりあえずごまとの同居をやめて、単独飼育に戻しました。
それと水分と虫体液とカルシウム・ビタミンの強制給餌を1日1回行っています。


ニホンヤモリの飼育は難しいとつくづく実感しています。


にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へランキングです★ワンクリックでみぃたちょ狂喜乱舞!!
スポンサーサイト


コメント

  1. りょうた | URL | 1wIl0x2Y

    あけましておめでとうございます!!

    今年もよろしくお願いします(^^)

    ずんだちゃん、心配ですね(><)

    カルシウムパウダーつけてもクル病になるんですかね!?

    回復するまで大変だとは思いますが、あきらめずにがんばってください!!


  2. あきと | URL | yl2HcnkM

    明けましておめでとうございます。
    今年もよろしくお願いします。

    クル病ですかぁ~?!
    ソメワケがかかりやすくて、僕も気をつけています。
    クル病の予防に若干の紫外線も効果があるようなことを聞いた事があります~
    確かに、夜行性で昼間は隠れているとはいえ、
    それなりに紫外線も間接的?に浴びているものと思えるし・・・
    良くなったよっ。という経験者もいました。
    実際、効果の程は???
    参考まで~


  3. パイナップル親父 | URL | -

    あけましておめでとうございます(^-^)/!

    ずんだちゃんクル病ですかぁ…。

    でも諦めずに頑張って下さいね(^ー^)!

    ちなみに他の子は大丈夫なんですか(´Д`)?

  4. みぃたちょ | URL | 6Q0aW8YQ

    >>りょうた さま

    おめでとうございます!!(゚∀゚ )
    新年そうそう暗めの話題ですみません(´・ω・`)ショボーン

    自分ができることは頑張ってやっていきたいと思っています。
    頑張ります!!

  5. みぃたちょ | URL | 6Q0aW8YQ

    >>あきとさま

    クル病の原因として
    ・カルシウム不足
    ・UV不足
    ・ビタミンB不足
    ・産卵前後

    が主だと思うんですが
    わが家では確かにUV不足が一番怪しいんですよね。
    ただ、一応カーテン越しの光が数時間は当たる位置に置いているので
    必要量は浴びられそうな気がするんです…

    クル病は治すのがなかなか難しいですよねー!
    良くなった情報を希望に、UVに気をつけてみます!!

  6. みぃたちょ | URL | 6Q0aW8YQ

    >>パイナップル親父 さま

    他の子は今のところ大丈夫です!!^^
    みたらしは産卵後にちょっとカルシウム不足の兆候が出るコトがありますが
    ココまで症状が悪化したことはありません。

    なんでずんだだけこうなったのか不思議です。

  7. 浮気猫 | URL | s.Y3apRk

    みんな同じ様な環境で育てているのに、ずんださんだけ
    クル病になるなんて・・・

    成長過程で特別多く必要な要素が不足していたんでしょうか?
    そこまでクル病が進行するって事は、ある程度の期間そういった
    要素が不足していたのかな。
    見た目尻尾がカクカクしていないし、全体的に丸みを帯びて
    少し短いですね。
    手も指が少し短くて丸くむくんでいる気がします。

    何かの参考までにウチの環境は、イエコにCaをダスティング
    しているだけで、日光浴もビタミン添加もしてないのですが、
    特に問題なく大きくなっています。
    イエコの餌はメダカの餌と鈴虫の餌を混ぜたモノ使っています。
    微量栄養素はイエコの餌の未消化物から供給されてそうです。

  8. みぃたちょ | URL | 6Q0aW8YQ

    >>浮気猫 さま

    今までベビーを何匹か育てたことがありますが
    同じ環境でこうなったことは無かったのでびっくりです。

    そこまで痩せてなかったのと、比較的食べていたので安心しきっておりました( ; ゚Д゚)

    わが家もSコオロギにカルシウムパウダー(ビタミン添加)をダスティングしてます。
    コオロギの餌はカメの餌とコオロギの餌です。
    ダスティングもローディングも一応気をつけていたつもりだったんですが(´・ω・`)ショボーン

  9. ふ~ | URL | -

    クル病でなくて、カルシウム過多でも骨の異常は出るみたいだよ。

    基本的にカルシウムがかなり必要なのは、ベビーの時期の3ヶ月程度で、後は週1でも十分だよ!

    UVに関しても、全く問題無いと思うよ。

  10. みぃたちょ | URL | 6Q0aW8YQ

    >>ふ~さま

    ずんだはまだ体が小さく、ベビーに近い大きさのヤモリでした。
    まだまだ成長期だったのでカルシウム量はそれなりに必要だったんじゃないかなー??って思ってます。
    ただ、過多の可能性もありえるので
    少しカルシウムの量を減らしてみますね!ありがとうございました★

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yamaarasinodilemma.blog25.fc2.com/tb.php/151-da096370
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。